• TOP
  • ブログ
  • 派遣スタッフの定着率を上げる6つの方法とは?離職の原因も解説

blog
ブログ

派遣スタッフの定着率を上げる6つの方法とは?離職の原因も解説

SHARE

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Pocket
  • LINE

目次

派遣スタッフは長年勤務するスタッフより、一定期間の在籍で辞めてしまうスタッフが多い傾向にあります。

派遣スタッフの定着率を維持できれば、企業は新たな人材確保にかかるコストを事業や育成に投資できます。

それでは、派遣スタッフを定着させるにはどのような方法があるのでしょうか。

本記事では、派遣スタッフが定着しにくい理由や、その改善方法などを解説します。派遣スタッフとの関わり方や待遇を見直して、スキルの高い人材の定着を目指しましょう。

派遣スタッフの定着率

https://www.photo-ac.com/main/detail/24343234

派遣スタッフの定着率とは、雇用した派遣スタッフの内、何名が在籍企業に定着しているかを表す指標を指します。

派遣スタッフの定着率が高いほど、離職による流出が少なく働きやすい環境が整備されている証明のひとつになります。

定着率を調べる際は、就業開始からどの程度の期間で離職が発生しているかで算出します。派遣スタッフにおける平均定着率の公的数値はないため、派遣スタッフの平均勤続年数などを参考に自社の定着率の良し悪しを判断しましょう。

定着率が低い場合は、人材の流出が多くなってしまうため、採用コストの増加に繋がる可能性があります。

辞めた人材のポストを埋めるための時間と労力は、仕事の生産性や売上が落ちる原因に繋がりかねません。

まずは、自社の定着率がどの程度なのかを調べた上で対策を検討しましょう。

派遣スタッフが定着しない理由5選

派遣スタッフが定着しない理由は様々です。

企業側が提示した条件や内容が、派遣スタッフにはデメリットとなるケースもあるため、定着しない理由を把握した上で、派遣スタッフを雇用するようにしましょう。

以下では、派遣スタッフが定着しない5つの理由を解説します。

理由1.待遇面での不満がある

派遣スタッフがモチベーションを維持して仕事を続けていくには、給料や手当などの待遇面を充実させることが重要です。

契約更新のタイミングで給料がアップして仕事を続けていく派遣スタッフがいる一方、思い通りに給料が上がらなかった場合は、別の仕事を探して離職するケースが多いです。

特に、過去に給料アップの経験がある派遣スタッフは、すぐに見切りをつけて、現在の職場を離職してしまう傾向にあります。

理由2.仕事がマッチしない

業務を開始してみると想像していた業務内容と違う場合や、入社前に説明を受けていない業務の依頼など、仕事内容のズレやスキル不足によるミスマッチが生じることがあります。

人材を選んで派遣するのは派遣会社の役目ですが、派遣先企業は事前に派遣会社に対して、仕事内容や求める人物像を明確に共有しておきましょう。

ミスマッチが発生しないように、企業は定期的なコミュケーションを図った上で派遣スタッフの業務に対する意欲や状況を把握しておくことが重要です。

理由3.スキルが不足している

派遣スタッフは、依頼された業務が自身のスキルと見合わない場合、大きな負担となるため、離職するケースがあります。

さらに、未経験者の募集も行っている場合、初めての業務を行う派遣スタッフはスキル不足を感じることが多くなり、離職しやすくなります。

派遣スタッフがスキル不足を感じないようにするには、事前の業務説明や研修を行い実際の働くイメージをしてもらった上で、業務を開始するように工夫しましょう。

理由4.人間関係が上手くいかない

派遣スタッフと職場の人間関係が上手くいかない環境では、現状より働きやすい場所を求めて離職してしまう可能性が高くなります。

正社員と派遣スタッフの間では、上下関係ができやすいです。過度な上下関係が出来上がってしまうと、派遣スタッフは自身の必要性に不安を感じやすくなります。

結果的に正社員と派遣スタッフでは、仕事に対する意欲に違いが出てしまい、離職しやすくなります。

理由5.そもそも長く在籍するつもりがない

派遣スタッフは、何ヶ月以上働かなければならないといった法的な決まりはありませんが、3ヵ月単位で契約を結ぶのが一般的です。

しかし、派遣スタッフとして働いている方の多くは、長期的に働くことが向いていないと感じています。職場を変える前提で働いている場合もあるため、結果的に派遣スタッフの定着率は下がるケースもあります。

派遣先企業は、在籍している派遣スタッフがどのようなモチベーションで仕事を行っているかを見極めながら業務の依頼を行う必要があります。

派遣スタッフの定着率を上げる5つの方法

https://www.photo-ac.com/main/detail/23939584

派遣スタッフの定着率は業務内容や職場の環境によって下がることが分かりました。

派遣スタッフが定着しない場合、企業は人材不足の状況になり、正社員の負担が増えてしまいます。さらに、通常業務の作業時間が少なくなり業務の効率も落ちてしまう可能性があります。

正社員への負担を増やさないためにも、派遣スタッフが定着しやすくなる方法を把握しておきましょう。

方法1.給与などの待遇を見直す

勤務年数が長い場合や優秀な派遣スタッフでも正社員と同じ責任や権限の仕事をすることは、ほとんどありません。

多くの企業は、正社員が仕事の責任や内容の観点から正当な評価をしてもらい、派遣スタッフは能力ではなく時給制の給与形態をとっています。

結果的に、正社員と派遣スタッフの不公平さを感じ離職するという選択肢が発生しやすくなりました。

近年は、派遣スタッフの定着を維持するために、同一労働同一賃金制度が施行され、派遣スタッフの労働条件や環境が改善されました。

派遣先企業は派遣会社と相談の上、賃金引上げや各種福利厚生制度の見直しを行い、派遣スタッフの定着率向上を図りましょう。

方法2.業務内容を事前に説明する

派遣スタッフは、単純な作業やアシスタント業務が多いので、就業前に業務内容を詳しく説明しておきましょう。

事前に説明の場がない場合、イメージしていた内容と実際の業務のギャップに派遣スタッフからの不満が出やすく離職に繋がります。

業務内容や就業規則を明確に共有しておくと、仕事へのモチベーションを維持でき派遣スタッフの定着率向上に繋がります。

方法3.正社員と同じように接する

派遣スタッフは派遣先企業の正式な社員ではありませんが、同じ職場で働いている従業員です。派遣スタッフだから接し方を変えるのではなく、正社員と変わらないコミュニケーションをとりましょう。

雇用先の正社員から雑な対応や距離を置いた扱いを受けると、派遣スタッフは悪い印象を持ってしまいます。

従業員全員の行事ごとなどには、派遣スタッフも参加してもらう状況を作るなどの環境作りを心がけましょう。

方法4.定期的なコミュニケーションを図る

派遣スタッフは、自身は外部の人間と思い込み、積極的に話に行くことが難しいと感じる方が多いです。

派遣スタッフにリラックスして業務に取り組んでもらうために、定期的なコミュニケーションを取る機会を作るようにしましょう。

日常のコミュニケーションがとれていると、業務上の問題点や疑問点が発生した場合、スムーズなやりとりが可能になります。

正社員と派遣スタッフの間に壁を作らず、常にコミュニケ―ションがとれるような働きやすい職場環境づくりの意識が大切です。

方法5.仕事でチャレンジできる環境を与える

派遣スタッフは依頼された業務のみを行い、仕事のサイクルが単調になりやすいです。
しかし、定着率を上げるためには仕事に対して意欲的な環境作りが重要です。。

正社員と同様に派遣スタッフにもチャレンジできる制度や環境を整えることで、積極的な提案や相談の機会が増えるでしょう。チャレンジができる環境は、派遣スタッフ自身の存在意義を明確に持てるようになります。

通常業務以外の仕事は、契約に記載された内容に合致していることが条件にはなりますが、新しい業務のチャンスを与えることで派遣先からの期待が伝わり、働く意欲の向上に繋がるでしょう。

派遣スタッフの定着率が高いメリット3選

派遣スタッフの定着率は、関わり方や社内制度で高くなることが分かりました。
派遣スタッフの定着率が高くなると企業にとって様々なメリットがあります。
以下の3つのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット1.人材不足を解消できる

派遣スタッフの定着率が高くなれば、決算や年末調整などの繁忙期の人材不足を補うことができます。

決算や年末処理は毎年行う業務ですが、他の業務もこなしながらトラブルなどの対応も行っているとミスをしてしまったり、残業が多くなってしまうことが多いでしょう。

人材不足の解消ができれば、業務の分担が明確にでき正社員は通常業務に集中できます。

メリット2.業務の効率化が可能になる

派遣スタッフの定着率が高いということは、継続して勤務しているスタッフが多いことを意味します。

派遣スタッフは、アシスタント業務や単純作業が多く、正社員は難しい業務や責任が伴う業務に集中できるため、業務の効率化に期待ができます。

また、正社員の業務量の軽減もできるため、残業業務の軽減もできるため、働き方の改善にも繋がります。

メリット3.優秀な人材の発見ができる

派遣スタッフでは、専門的なスキルを持つ人材も少なくないため、企業側のアプローチ次第では、正社員として迎え入れることも可能です。

また、定着率が高い場合は、育成の期間も長くなるため、優秀な人材が多くなる可能性もあります。

派遣スタッフの定着率改善を行う時の2つの注意点

https://www.photo-ac.com/main/detail/24579530

派遣スタッフの定着率は企業にとって多くのメリットが生まれます。

派遣スタッフを一定数雇用している企業は、既に戦力の一部に派遣スタッフが入っており、少しでも定着率を上げることが企業にとって重要な指標になります。

しかし、派遣スタッフのために行った行動が、良くない方向に進むことも考えられます。派遣スタッフと良い関係性を築いて定着率を上げるためにも、以下の注意点を意識した上で関わるようにしましょう。

注意点1.雇用条件を変更しすぎない

雇用条件は、派遣スタッフへの契約書に記載がある労働時間や仕事内容を指します。無理がある労働時間の変更や仕事内容を追加をしてしまうと、離脱を考える派遣スタッフが増える可能性があるため注意しましょう。

契約内容と違う業務を求めてしまうと、離職するだけでなく法的な問題に発展して長期的にトラブルになるケースもあるため、雇用条件は仕方がない理由の時以外の変更はしないように意識しておきましょう。

法的なトラブルに発展してしまうと費用と時間を膨大に消費してしまう結果となり、会社全体の生産性が下がる可能性があります。

注意点2.待遇の改善理由を明確にする

派遣スタッフへの待遇面の改善は、スキルが高いスタッフから行うのが一般的ですが、待遇改善を行った理由を明確にしましょう。

派遣スタッフは、3ヶ月に1回契約が更新されることが多いです。短い勤務期間で離脱する可能性が高い新規のスタッフよりも、勤務年数が長いスタッフや専門的なスキルや知識を持っているスタッフを優先的に待遇の見直しを行うことがおすすめです。

しかし、選別した人材のみ待遇を改善することは不満を持つ派遣スタッフが現れ、離職率が増加する可能性がある他、派遣スタッフとトラブルになる可能性があります。

特定のスタッフに偏りのある待遇の改善だと感じさせないために、改善した理由を明確にし、派遣スタッフ全体が納得できる環境を作りましょう。

まとめ|派遣スタッフの定着率を維持するためには

派遣スタッフの定着率を維持するためには、企業が求める派遣スタッフの業務内容の事前説明や接し方が重要ということが分かりました。

企業側の要望や業務内容を伝えた上で、派遣スタッフが業務に意欲を持てるポイントを定期的にヒアリングしましょう。

派遣スタッフの定着率が改善すれば、企業にとって大きなメリットとなります。定着率が低い際は、原因追求を行った上でご紹介した改善方法を試してみてください。

こちらの記事もオススメです