• TOP
  • ブログ
  • 派遣スタッフの稼働率を上げる方法とは?求職者心理を踏まえた離職防止策を解説

blog
ブログ

派遣スタッフの稼働率を上げる方法とは?求職者心理を踏まえた離職防止策を解説

SHARE

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Pocket
  • LINE

目次

新型コロナウィルスの影響により新しい働き方を求める求職者が増え、派遣スタッフへの応募数が例年よりも増えている会社が多いのではないでしょうか。

しかし、実際に稼働している派遣スタッフが少ないという課題を抱えている企業も少なくないでしょう。

本記事では、人材派遣業界の動向を踏まえた上で派遣スタッフの稼働率を上げる方法を解説します。

派遣会社にとってスタッフの稼働率は利益に直結するため、求職者心理の理解が必要になります。本記事で紹介をした内容をもとに派遣スタッフの稼働率改善にご参考ください。

人材派遣業界の現状

新型コロナウイルスの影響やパートタイム・有期雇用労働法の適用など目まぐるしく人材派遣業界の状況は変化しています。

「同一労働同一賃金制度」や雇用状況から景気を知るための経済指標の1つを示す「有効求人倍率」を用いて、新型コロナウイルスの影響を解説します。

https://www.photo-ac.com/main/detail/24296723

【同一労働同一賃金】制度とは?

同一労働同一賃金制度とは「正規社員や非正規社員に関わらず、同じ労働には同じ賃金が支払われる必要がある」とする考え方です。

大企業では2020年4月、中小企業では2021年4月から「パートタイム・有期雇用労働法」の中で適用されました。

「不合理な待遇差があるかどうか」は非正規社員と正規社員を比較して判断されます。

非正規社員の賃金や福利厚生などの待遇や取り扱いを明確にし、正社員と異なる点はないか比較をします。

非正規社員の賃金と正社員の賃金に違いがある場合は、待遇が違う理由をはっきりさせます。「雇用形態が異なるから」では理由にならないので注意しましょう。

「職務内容」や「配置転換の範囲」などの働き方を比較するとわかりやすいです。働き方が正社員と全く同じにも関わらず、待遇が異なれば取り扱いに問題があります。

しかし、正規社員同士や非正規社員同士、他社の社員の待遇差は法律の適用外のため、注意が必要です。

新型コロナウィルスによる有効求人倍率への影響

新型コロナウイルスにより緊急事態宣言が発令された直後の2020年5月と2019年5月を比較すると、有効求人倍率はかなり減少しています。

新型コロナウイルスの影響だけでなく、2019年の消費税増税などのさまざまな要因により有効求人倍率は減少傾向にありました。

医療やスーパーの従業員などはコロナ禍の中でも需要は増加傾向にありますが、外食・小売業やイベント業界での人材需要が大幅に減少しています。

しかし、2022年現在では有効求人倍率もコロナ禍の影響もなくなってきており徐々に回復傾向にあります。

派遣スタッフの稼働率が下がる理由3つ

派遣スタッフの稼働率が下がる理由は下記の3つです。

業務内容のミスマッチ・スキル不足
人間関係の悩み
給与・待遇面への不満

派遣スタッフを採用しても稼働しなければコストがかかる一方です。派遣会社としていかに派遣スタッフの稼働率を向上させるかが重要になります。

稼働率が下がる理由を把握し、1つずつ対策していきましょう。

https://www.photo-ac.com/main/detail/4418019

理由1.業務内容のミスマッチ・スキル不足

求人内容を見た上で応募をしたものの想像した業務とはかけ離れていれば、派遣スタッフのモチベーションは下がり稼働率は低下します。

また、業務内容と求職者のミスマッチの他にスキル不足にも気をつけなくてはなりません。

応募数の向上を狙って事実と異なる求人内容で応募してしまうと、求職者は「これなら自分にもできそうだ」と思って応募します。

しかし、実際に採用してもスキル不足で上手く稼働しないケースがあるので注意しましょう。

理由2.人間関係の悩み

人間関係の悩みで離職する派遣スタッフも多いです。「同僚や上司との関係が上手くいかない」や「ハラスメントを受けている」など人間関係による問題はさまざまです。

派遣スタッフであれば正社員が無意識に立場が上だと考え、勝手に上下関係を作ってしまう場合もあります。

自己主張やコミュニケーションが苦手な方は孤独感を感じたり、思い詰めてしまい離職する傾向が多いです。

理由3.給与・待遇面への不満

給与や待遇への不満が高まり離職するケースも多いです。「正社員と比較すると給与が低い」「交通費が出ない」「賞与がない」などが具体的な理由にあたります。

また、「似たような業務内容でも他社の仕事の方が給与が高かった」のように他社と比較をして離職する場合もあります。

「業務内容に比べて給与が安い」などの理由も離職に多いですが、同一労働同一賃金制度により改善されています。

派遣スタッフの稼働率を上げるポイント【段階別に紹介】

派遣スタッフが離職をする理由を踏まえ、実際に派遣スタッフの稼働率を上げるポイントを段階別に解説します。

「応募から登録まで」「登録から就業前まで」「応募から就業まで」「派遣就業後」の4つの段階により稼働率を上げるポイントは異なります。

派遣スタッフが気持ちよく働ける環境を作り稼働率を上げていければ、結果的にコスト削減や業績アップに繋がります。紹介をする流れとポイントを参考に実践をしましょう。

https://www.photo-ac.com/main/detail/24585475

応募から登録まで

1.募集内容を明確化させる

募集内容を明確化させて、求職者と案件のミスマッチを防ぎましょう。派遣スタッフの求人に掲載企業を記載してはならないケースもあります。

掲載企業を記載できないなら、業務内容を明確化し訴求を高めていく必要があります。

例えば、データの入力事務に関する案件の場合、説明の中に「どのような手順でデータを入力するのか」や「その他に発生する業務はあるのか(電話対応の有無など)」を簡単に記載します。

具体的な業務内容を記載することで「電話対応も必要な案件だとは思わなかった」というような求職者と案件のミスマッチを防止できます。

2.求職者への連絡は迅速に行う

求職者への連絡は迅速に行いましょう。応募したものの登録まで至らなかった理由として「派遣会社からの連絡が遅かった」は少なくありません。

ほとんどの求職者は、応募から1週間以内に就業したいと考えています。就職者とのスピード感が合わなければ、せっかく応募してもらったのに登録されず求職者を逃す結果になります。

連絡のスピードは担当者の意識次第で改善可能です。登録前に離脱する求職者の約3割を登録までもっていける可能性があります。

3.派遣スタッフへの登録を最適化する

派遣スタッフへの登録を最適化する必要があります。登録前に離脱する求職者の離脱理由に「希望の仕事と異なる仕事を紹介された」がかなり多いです。

求職者は派遣会社都合で紹介しているのが背景に見えると不満に感じます。求職者の仕事での優先順位の高い希望とマッチングする仕事を紹介しなければなりません。

求職者は主に「給与」「勤務地」「職種」の優先順位が高いです。希望通りにならなくても、求職者の最低限許容できる範囲の条件になる仕事を紹介しましょう。

例えば「勤務地」であれば「通勤時間30分以内」の希望が多いです。しかし、最低限許容できる通勤時間であれば「1時間未満」の求職者もいます。

求職者によって許容できる範囲は異なるので、求職者にヒアリングして希望条件などをまとめてみましょう。

登録から就業前まで

4.案件数を増やして求職者とのミスマッチを防止する

案件数が多ければ求職者の優先順位や希望とマッチングした案件を求職者に提案できます。

しかし、案件数が少なければ求職者の希望や仕事での優先順位とミスマッチな案件ばかりになり、求職者の不満が溜まってしまいます。

コロナ禍で新規の案件がないケースであれば、既存のお客様に提案したり新規の案件を紹介をお願いするのも1つの方法です。

5.登録後から就業までの期間を空けないようにする

登録後から就業までの期間はできるだけ空けないようにした方が稼働率は上がる傾向があります。

登録したものの就業せずに離職してしまうケースもあります。
理由は「派遣会社から希望する仕事の紹介がなかった」「登録後、就業までに時間がかかった」などがほとんどです。

求職者の希望する仕事にマッチングした仕事を紹介できるように、求職者の希望する条件の優先順位を把握して対応しなければなりません。

しかし、仕事と求職者とのマッチングはすぐに改善できるものではありません。「登録後、就業までに時間がかかった」は意識次第ですぐに改善できます。

求職者と仕事のマッチングを改善しつつ、登録後に迅速に対応するのが就業前の離職を減らし稼働率を上げるポイントです。

応募から就業まで

6.求職者を職場見学へ連れて行く

求職者を職場見学へ連れて行けば、求職者の大きな稼働動機に繋がります。求職者の応募から就業までの中で稼働に繋がらない原因に仕事内容のミスマッチがあります。

募集内容を見て応募したものの仕事内容を詳しく聞くと、「思っていたものと違う…」となると中々稼働に繋がりません。

最悪のケースだと、稼働しないまま他の会社に行ってしまう可能性もあります。職場見学を実施すれば、上記のミスマッチを減らし求職者の稼働動機になります。

求職者の約7割は「事前に職場見学に行きたい」と考えているのに対し、実際に職場見学を行っている派遣先企業は約3割というデータもあります。

コロナ禍でオフラインでの職場見学が難しい場合、YouTube動画などによるオンラインでの職場見学がおすすめです。

7.定期的に研修を実施する

定期的な研修を実施すれば、派遣スタッフが普段の業務の中での不安や不明点などを解消し定着率を向上できます。

派遣スタッフは業務開始後に研修を受ける機会が無いケースがほとんどです。派遣先の企業の正社員と比較すると、どうしても派遣スタッフは放置されがちです。

定期的な研修を派遣スタッフにも実施すると、定着率が上がるだけでなくパフォーマンスの向上にも繋がります。

派遣就業後

8.求職者と定期的なコミュニケーションを図る

派遣就業後は、求職者との定期的なコミュニケーションが大切です。派遣スタッフはわずかな研修期間で業務に取り組むケースも少なくありません。

また、職場での人間関係も構築されないままで働くので、知らないうちに派遣スタッフが疎外感を感じるような扱いを受けて孤独になってしまうケースもあります。

就業先で人間関係が構築されるまでは積極的な声かけを行い、派遣スタッフの孤独感を緩和する必要があります。

就業先で派遣スタッフが業務上の不明点を聞きたい時にすぐに聞けるような状況を作りましょう。「教育担当」を決めておけば、派遣スタッフもストレス無く業務に取り組めます。

派遣スタッフが人間関係の悩みで離職してしまうケースは多くあります。就業初期から派遣スタッフがコミュニケーションを取りやすく、働きやすい環境を作りましょう。

9.就業先との情報共有を行う

就業先との情報共有を密に行えば、知らないうちに派遣スタッフの不満が溜まって離職してしまうケースを防止できます。

派遣スタッフの就業初期はコミュニケーションが取りやすい環境が大切です。孤独感や疎外感は派遣スタッフの早期離職に繋がります。

疎外感や孤独感を感じないためには「派遣スタッフの就業前に現場に周知してもらう」「自己紹介の場を設けてもらう」など就業先との協力が重要になります。

また、派遣スタッフの就業中の振る舞いや様子などを情報共有をしておけば、「派遣スタッフは何に悩んでいるか」を推測できます。

推測した悩みをもとに派遣スタッフ本人ともコミュニケーションを取って悩みや不安を解消すれば、人間関係などによる離職を防止できます。

派遣スタッフの稼働率を上げるポイントまとめ

派遣スタッフの稼働率を上げるには「定期的なコミュニケーション」と「求職者と案件のミスマッチの防止」が重要です。派遣スタッフは稼働しなければコストがかかる一方なので、稼働率を上げるのが会社にとって大切になります。

しかし、せっかく採用した派遣スタッフが早期に離職してしまえば稼働率は低いままです。「派遣スタッフと業務内容のマッチング」や「人間関係」「待遇面での不満」が派遣スタッフの離職に繋がります。

本記事を参考に無駄なコストや採用工数を減らし、派遣スタッフの稼働率を向上させましょう。

こちらの記事もオススメです