• TOP
  • ブログ
  • 【企業向け】電子クーポンの仕組みや使い方、メリットや導入のポイントなどを徹底解説

blog
ヒアリングDXブログ

【企業向け】電子クーポンの仕組みや使い方、メリットや導入のポイントなどを徹底解説

SHARE

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Pocket
  • LINE

消費者のニーズや行動が多様化する中、企業はどのようにして顧客との関係を強化し、売上を増やすことができるのかを考える必要があります。その答えの1つにあげられるのが電子クーポンです。

電子クーポンとは、スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスで発行・利用できるデジタルクーポンのこと。電子クーポンは、紙媒体のクーポンと比べて、発行コストが低いことや、配布範囲が広いこと、効果測定が容易にできるといったメリットがあります 。

また、消費者が手軽にクーポンを入手・利用できることで、購買意欲や満足度が高まることに期待ができます 。

そこで今回は、電子クーポンの仕組みや使い方、メリットや導入のポイントなどを徹底解説します。

電子クーポンを活用して、顧客とのエンゲージメントを高め、ビジネスを成長させたい企業の方は、ぜひ参考にしてください。

電子クーポンとは?

電子クーポンとは、スマートフォンやパソコンなどのデバイスで発行・利用できるデジタルクーポンのことです。

電子クーポンは、紙のクーポンに比べて発行コストが安いことや、インターネットやSNSで発行できるために配布範囲を限定したり、広範囲に配布できるといったメリットがあります。

また、利用者の属性や嗜好などのマーケティングに活かせる情報を収集・分析しやすいのも特徴です。

このように、従来のクーポンと比較して、より顧客満足度の高いサービスを提供できるのが魅力です。

電子クーポンの仕組み

電子クーポンとは、インターネット上で入手できるクーポンのことです。電子クーポンは、多くの飲食店や小売店などの実店舗やオンラインショップなどで活用されています。

これまでのクーポンといえば、紙に印刷されたクーポンを顧客に手渡し、またはポスティングなどで配布し、顧客に持参してもらうという形式が主流でした。電子クーポンは、このような紙のクーポンを電子化したもののことで、スマホ1つでクーポンの作成・配布、および管理・利用が完結することが特徴です。

電子クーポンは、顧客がスマホで提示したクーポンをスタッフがスキャナで読み取って利用する仕組みが一般的です。中には、番号で表示するタイプや、「利用済み」を顧客にタップしてもらうタイプなどもありますが、基本的な仕組みや利用の手順はほとんど変わりません。なお、電子クーポンには、通常の割引・商品券タイプのクーポンに加えて、回数券タイプや、特定の地域の店舗で使える共通クーポンタイプなど、さまざまな種類があります。

電子クーポンを利用するためには、まず店舗が指定するツールやサイトを使って電子クーポンを取得します。たとえば、店舗の公式アプリや公式ホームページ、SNSなどで配布されているクーポンを入手したり、グルメサイトやクーポンサイトなどからクーポンを手に入れたりします。紙のクーポンのように、実際に店舗に出向いたり投函されたチラシを確認したりする必要はありません。スマホ1つでクーポンを入手することができるため、顧客の利便性は非常に高いと言えるでしょう。

次に、顧客は会計時にスマホで電子クーポンを提示します。スマホさえあればいつでもクーポンにアクセスできるため、紛失や持参忘れも少なくなります。また、期限切れのクーポンは自動的に失効するため、スタッフが期限切れのクーポンを受け取ってしまうといったミスも起こりにくくなるのが特徴です。提示した電子クーポンをスタッフに読み取ってもらうことで、割引が適用されます。使用したクーポンは「使用済み」になりますので、不正利用もしっかり防止することができます。

このように、電子クーポンは、顧客だけでなく、発行する事業者にも大きなメリットがあります。

電子クーポンの種類と特徴

電子クーポンには、以下のような種類と特徴があります。

割引・商品券タイプ

このタイプの電子クーポンは、店舗やオンラインショップで商品やサービスを購入する際に、一定の割引率や金額を適用するクーポンです。例えば「10%OFF」や「500円引き」などが該当します。

このタイプの電子クーポンの特徴は、顧客にとっては購入時にお得になること、店舗にとっては顧客の購買意欲を高めることができることです。また、クーポンの利用条件や期限を設定することで、顧客の来店回数や購入金額を増やすこともできます。

回数券タイプ

このタイプの電子クーポンは、店舗やオンラインショップで商品やサービスを一定回数購入すると、次回以降に割引や特典が受けられるクーポンです。例えば「5回買うと1回無料」や「10回買うと20%OFF」などが該当します。

このタイプの電子クーポンの特徴は、顧客にとってはリピート購入がお得になること、店舗にとっては顧客のロイヤリティを高めることができることです。

また、電子クーポンならではのメリットとして、紙の回数券と違って紛失や破損の心配がなく、利用履歴も自動的に記録されることが挙げられます。

地域共通クーポンタイプ

このタイプの電子クーポンは、特定の地域の店舗で使える共通のクーポンです。例えば「Go Toトラベル」キャンペーンで配布された「地域共通クーポン」などが該当します。

このタイプの電子クーポンの特徴は、顧客にとっては旅行先で様々な店舗で利用できること、店舗にとっては地域全体で集客力を高めることができることです。また、地域振興や観光業界への支援効果も期待できます。

電子クーポンの発行・配布方法と手順

電子クーポンの発行・配布方法は、店舗が利用するツールやサービスによって異なりますが、一般的には以下のような手順で行われます。

まず、電子クーポンを発行・配布するためのツールやサービスを選定・導入します。たとえば、LINE公式アカウントやGMOおみせアプリなどの代表的なツールやサービスがあります。

次に、選定したツールやサービスの管理画面から、電子クーポンの種類やデザイン、利用条件や期限などを設定して作成します。

最後に、作成した電子クーポンを顧客に配布します。配布方法は、SNSやメールマガジン、店舗アプリなどを通じて行うケースが多いです。

電子クーポンの使い方

電子クーポンを利用するには、以下の手順を踏むのが一般的です。

まずは、企業や店舗で電子クーポンを発行・配布するツールを導入します。たとえば、LINE公式アカウントや店舗専用のアプリなどを活用するのが一般的です。

次に、電子クーポンを作成します。ツールの管理画面からクーポンの種類やデザイン、利用期限などを設定しましょう。

電子クーポンが作成できたら、いよいよ電子クーポンを配布します。ツールの機能やSNSなどを使って顧客にクーポンを送ります。この時に、できるだけ顧客にわかりやすいキャンペーンを行いましょう。

最後に、顧客が受け取った電子クーポンを利用します。顧客はスマホでクーポンを提示し、店舗のQRコードを読み取ることで割引が適用されます。

電子クーポンの企業や店舗側のメリット

 

電子クーポンの企業や店舗側のメリットには、以下のようなものがあります。

さまざまなコストを削減できる

電子クーポンは、紙やインクなどの印刷資材や、郵送や配布などの人件費を必要としません。また、電子クーポンは、顧客のスマホに保存されるため、紙のクーポンのように破損や紛失のリスクもありません。

これらのことから、電子クーポンは、店舗側にとってコストを削減できるメリットがあります 。

利用者のデータを収集・分析できる

電子クーポンは、利用者の属性や行動履歴などのデータを収集・分析することができます。これにより、店舗側は、顧客のニーズや嗜好を把握し、効果的なマーケティングやサービス改善に活用することができます 。

集客や売上の向上に期待できる

電子クーポンは、インターネットやSNSなどを通じて広く配布することができます。

これにより、店舗側は、新規顧客の獲得や既存顧客のリピート率の向上につなげることができます 。また、電子クーポンは、期間限定や数量限定などの条件を設定することで、顧客の購買意欲を高めることが可能です。

電子クーポンの顧客側のメリット

電子クーポンの顧客側のメリットには、以下のようなものがあります。

手軽で簡単に利用できる

電子クーポンは、スマホでクーポンを取得し、提示するだけで利用できます。

紙のクーポンのように、切り取ったり、持ち歩いたり、紛失したりする心配がありません。また、期限切れや利用済みのクーポンは自動的に削除されるため、管理もラクになります。

管理がラクにできる

電子クーポンは、スマホに保存されるため、管理がラクになります。

紙のクーポンのように、財布やカバンの中に散らばったり、忘れたりすることがありません。また、利用したいクーポンをすぐに見つけることができるのもメリットです。

紛失やクーポンの使い忘れがなくなる

電子クーポンは、スマホに保存されるため、紛失やクーポンの使い忘れがなくなります。

紙のクーポンのように、家に置いてきたり、捨ててしまったりすることがありません。また、スマホさえあればいつでもどこでもクーポンを利用できます。

できるだけ多くの顧客に利用してもらえるように、店舗側の声かけも忘れないようにすることが大切です。

電子クーポンを導入する際の注意点

電子クーポンを導入する際は、以下の点に注意点が必要です。

利益率を確保すること

電子クーポンは、割引率や利用条件を自由に設定できますが、その分利益率に影響を与える可能性があります。

そのため、原価や競合他社の価格などを考慮して、適切な割引率や利用条件を設定することが重要です。

有効期限を設定すること

電子クーポンは、有効期限を設定することで顧客の購買意欲を高めることができます。

もし有効期限の定めがないと、顧客が「いつでも使えるから」と利用を後回しにされてしまう可能性があります。

有効期限を設定する際には、季節やイベントなどに合わせて工夫するのが効果的です。

スタッフや関係者への情報周知を徹底すること

電子クーポンはスマホで提示されることが多いため、スタッフや関係者がそれを認識し、適切に対応できるように教育と準備をしておくことが重要です。

また、クーポンの内容や利用方法、セキュリティ対策なども事前に周知しておくことも大切です。

個人情報保護に配慮すること

電子クーポンは、顧客の個人情報を収集・利用することが前提となります。しかし、個人情報は非常に重要な資産であるため、もし不正なアクセスや漏洩などの事故が起きれば顧客の信頼を失うだけでなく、法的な責任を問われる可能性があります。

そのため、個人情報保護法やプライバシーポリシーなどの法令や規約を遵守し、さらに顧客からの同意を得ることが重要です。

ブランドイメージを損なわないようにすること

電子クーポンは、集客や売上向上に効果的なツールですが、その反面、ブランドイメージに悪影響を及ぼす可能性もあります。

例えば、割引率が高すぎたり、クーポンの配布頻度が高すぎたりすると、顧客に安っぽい印象を与えたり、他店舗との差別化ができなくなったりする恐れがあります。

そのため、デジタルクーポンの発行は、自社のブランドイメージや戦略に合わせて行うことが重要です。

電子クーポンを導入した成功事例

boulangerie Mureの成功事例

「boulangerie Mure」は、北海道札幌市でパンの製造・販売を手がける店舗で、来店頻度の改善を目的に、LINE公式アカウントを活用したクーポン配信サービス「常連コボットforLINE」を導入しました。

このサービスでは、顧客の来店履歴や購買履歴に基づいて、個別に最適なクーポンを配信することができます。その結果、クーポン利用率が約50%に達し、リピート率や客単価も向上するという効果を得られました。

GUの成功事例

「GU」は、ファストファッションブランドとして知られる店舗で、スマホアプリからクーポンを配信することで店舗集客や売上の増加を狙いました。

このクーポンは、アプリ内でゲームをすることで獲得できるもので、割引率や有効期限がランダムに決まります。この仕組みは、顧客の興味や購買意欲を高めるとともに、アプリの利用頻度や滞在時間も伸ばすことに成功しました。

丸亀製麺の成功事例

「丸亀製麺」は、うどんチェーン店として知られる店舗です。スマホアプリからクーポンを配信することで、新規顧客の獲得やリピート率の向上を目指しました。

このクーポンは「うどん半額券」や「トッピング無料券」などの種類があり、アプリ内でスタンプを集めることで交換できるものです。この仕組みは、顧客の来店回数や購入金額を増やすだけでなく、口コミやSNSでの拡散効果も生み出すことに成功しました。

上記のように、電子クーポンは、さまざまな業種や目的に応じて活用することが可能です。

電子クーポンのまとめ

このように、電子クーポンはさまざまな業種や業態で、マーケティング戦略や販促の有効な手段となり得るサービスです。

そこで電子クーポンを活用する際は、顧客のニーズや行動パターンに応じて、最適な配布方法や利用条件を設定しましょう。

また、電子クーポンを配布した後は、効果測定や分析も欠かすことのできない作業です。そこでこの記事内で紹介した電子クーポンの成功事例などを参考にしながら、自社のビジネスに合ったマーケティング戦略を立案し、実行してください。

Interviewz(インタビューズ)では、ヒアリング体験をDX化し、質の高い情報をスピーディーに収集、顧客・ユーザー理解を深め、サービスのあらゆるKPIの改善を可能にします。テキストタイピングを最小化した簡単かつわかりやすいUI/UXと、収集した声をノーコードで様々なシステムに連携し、ユーザーの声を様々なビジネスプロセスで活用することで、よりビジネスを加速させることが可能です。

Interviewz(インタビューズ)をご活用いただくことで以下のことが解決できます。

• 新規お問い合わせ、相談数の向上
• ヒアリングの内容の最適化から受注率の向上
• ヒアリングコスト(人件費・タイムコスト)の削減
• 既存顧客のお問い合わせのセルフ解決(サポートコストの削減)
• サービス/プロダクトのマーケティングリサーチ
• 既存顧客、従業員のエンゲージメント向上
• データ登録負荷の軽減
• サイトにおけるユーザーの行動情報のデータ蓄積

Interviewzをご利用いただいた多くのお客様で、ビジネスによけるあらゆるKPIの数値改善を可能にしています。

▼Interviewz(インタビューズ)の主な活用方法

• 総合ヒアリングツール
• チャットボット
• アンケートツール
• カスタマーサポートツール
• 社内FAQツール



Interviewzの機能一覧|総合的なヒアリング活動を網羅


Interviewzでは、下記のような総合的なヒアリング活動を支援する機能を揃えております。

以下では、まずはInterviewz(インタビューズ)を使って操作性や機能を確かめたい方向けに、無料でInterviewzをデモ体験いただくことが可能です。気になる方はぜひご体験ください。

ヒアリングDX・アンケートのデジタル化のご相談は下記より日程をご調整ください。

こちらの記事もオススメです