• TOP
  • ブログ
  • パーソナライズとは?個人のニーズを重視するメリットや活用方法を解説

blog
ヒアリングDXブログ

パーソナライズとは?個人のニーズを重視するメリットや活用方法を解説

SHARE

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Pocket
  • LINE

パーソナライズとは、顧客やユーザーの個人的なニーズや嗜好に合わせて、商品やサービス、コンテンツなどをカスタマイズすることです。パーソナライズを行うことで、顧客満足度やロイヤリティを高めるだけでなく、コンバージョン率や売上も向上させることができます。

しかし、パーソナライズを実践するには、さまざまな手法があります。また、パーソナライズの重要性やメリットを確認することが重要です。

そこで今回は、パーソナライズの定義や仕組み、個人のニーズを重視するメリットや活用方法を解説します。パーソナライズに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

パーソナライズとは?パーソナライズが必要とされる背景

パーソナライズとは、個々のユーザーのニーズや嗜好に応じて、ウェブサイトやメールなどのコンテンツを最適化することです。

このパーソナライズが必要とされる背景には、以下のような要因があります。

ユーザーの期待値の高まり

インターネットの普及により、ユーザーは自分に合った情報やサービスを簡単に探せるようになりました。そのため、一般的なコンテンツでは満足できず、自分に関連するコンテンツを求めるようになったことが、パーソナライズが求められる要因の1つです。

コンテンツの多様化と膨大化

ウェブサイトやメールなどのコンテンツは日々増え続けており、ユーザーは目的のコンテンツを見つけるのに、多大な時間や労力が必要です。そのため、自分に適したコンテンツを効率的に提供してくれるウェブサイトやメールに魅力を感じるでしょう。これもまた、パーソナライズが求められる要因の1つとなっています。

コンバージョン率の向上

パーソナライズは、ユーザーの関心や動機づけを高めることで、購買や登録などの目的行動につながります。パーソナライズされたコンテンツは、ユーザーに信頼感や親近感を与えるため、ブランドロイヤリティやリピート率が向上します。

上記のような要因が重なることで、現代のビジネスでは、パーソナライズという概念がより重要視されるようになっているのです。

パーソナライズの重要性

パーソナライズとは、顧客や利用者のニーズや嗜好に応じて、商品やサービス、コンテンツなどをカスタマイズすることです。

パーソナライズは、ビジネスにおいて多くのメリットをもたらします。例えば、パーソナライズによって、顧客満足度やロイヤルティを高めることができます。また、パーソナライズによって、顧客の行動や傾向を分析し、効果的なマーケティングや販売戦略を立てることも可能です。さらに、パーソナライズによって、競合他社との差別化や付加価値を提供することができるでしょう。

パーソナライズを実現するためには、顧客データの収集や分析、活用が不可欠です。顧客に関するデータは、顧客や利用者の属性や行動履歴などから得られます。

顧客データを分析することで、顧客や利用者のセグメントやパーソナなどを把握することができます。また、顧客データを活用することで、顧客や利用者に最適な商品やサービス、コンテンツなどを提供することが可能です。

顧客データの収集や分析、活用には、人工知能や機械学習などの技術が有効です。

このように、パーソナライズは今後もビジネスにおいて重要な要素となります。パーソナライズを行うことで、顧客や利用者との関係性を強化し、ビジネスの成長に貢献することができます。

パーソナライズに取り組むためには、データの活用や技術の導入などに注力することが重要です。

パーソナライズのメリット

パーソナライズには、以下で解説する顧客側のメリットと、実施する企業側の両方にメリットがあります。

パーソナライズの顧客側のメリット

顧客側のパーソナライズのメリットは、顧客に合わせた最適な商品やサービスを提供することで、顧客満足度やロイヤリティを高めることができることです。

このような顧客側のメリットは、顧客の属性や行動履歴、購買傾向などを分析し、個々のニーズや関心に応えるコンテンツやオファーを配信することで実現可能です。

パーソナライズによって、顧客は自分にぴったりの商品やサービスを見つけやすくなり、購入意欲や満足感が高まります。

パーソナライズの企業側のメリット

パーソナライズは、企業にとってもメリットがあります。

パーソナライズによって、企業が顧客のニーズや嗜好を深く理解し、より効果的なマーケティングや販売戦略を立てることが可能です。

このように、パーソナライズは顧客と企業の双方にとって価値のある関係を築くことができる強力なツールと言えるでしょう。

パーソナライズの注意点3つ

パーソナライズの注意点については、主に以下のような点が挙げられます。

パーソナライズは、ユーザーのニーズや嗜好に応じてコンテンツやサービスを最適化する手法ですが、その際にはプライバシーの保護や倫理的な配慮が必要です。ユーザーの個人情報や行動データを収集する場合は、その目的や利用方法を明確にし、ユーザーの同意を得ることが重要です。また、パーソナライズによってユーザーに与える影響やリスクを評価し、不公平や偏見、差別などの問題を防ぐことが求められます。

また、パーソナライズにはユーザーの満足度やエンゲージメントを高める効果がありますが、その反面、ユーザーの選択肢や視野を狭める可能性もあります。パーソナライズによってユーザーに提示される情報やオススメが偏ったり、フィルターバブルやエコーチェンバーと呼ばれる現象が発生したりすることで、ユーザーは多様な意見や視点に触れる機会を失うかもしれません。そのため、パーソナライズを行う際には、ユーザーに対してその仕組みやロジックを透明化し、ユーザーが自分でパーソナライズのレベルや範囲を調整できるようにすることが望ましいと言えるでしょう。

このように、パーソナライズによってユーザーの期待や関心に応えることができますが、その一方で、ユーザーの驚きや発見を奪うこともあります。パーソナライズによってユーザーに提供されるコンテンツやサービスが常に同じようなものだったり、予測可能だったりすると、ユーザーは新鮮さや興味を感じなくなるかもしれません。そのため、パーソナライズを行う際には、ユーザーに対して予想外や意外なものも提示することで、ユーザーの好奇心や探究心を刺激することが大切です。

パーソナライズの活用方法と手順4つ

以下では、主なパーソナライズの活用方法と4つの手順について解説します。

1.パーソナライズとは、顧客の属性や行動履歴などをもとに、最適なコンテンツやサービスを提供することです。
パーソナライズを行うことで、顧客満足度やコンバージョン率を向上させることができます。

2.パーソナライズを実施するには、まず顧客のセグメントを定義する必要があります。
セグメントとは、顧客の共通の特徴やニーズに基づいて分類したグループです。
セグメントを設定することで、顧客に合わせたメッセージやオファーを作成することができます。

3.次に、各セグメントに対してパーソナライズの目的と戦略を設定します。
目的とは、パーソナライズを通じて達成したいビジネス上のゴールです。一方戦略とは、目的を達成するためにどのようなアクションを行うかです。
例えば、新規顧客のセグメントに対しては、目的がブランド認知度の向上であれば、戦略としてはウェブサイト上でブランドストーリーや製品紹介などのコンテンツを表示することが考えられます。

4.最後に、パーソナライズの効果を測定し、改善します。
効果測定には、キーパフォーマンスインディケーター(KPI)と呼ばれる指標を用います。KPIとは、パーソナライズの目的に沿って定義した数値です。例えば、コンバージョン率やクリック率などがKPIとなります。KPIを定期的に分析し、パーソナライズの成果や課題を把握しましょう。そして、必要に応じてセグメントやコンテンツ、オファーなどを最適化することが重要です。

以上がパーソナライズの活用方法の概要と手順です。パーソナライズは、顧客との関係性を強化し、ビジネス成長に貢献する有効な手法ですので、ぜひ参考にしてください。

パーソナライズを活用した事例

以下では、パーソナライズを活用した企業の事例を紹介します。

Amazonのレコメンド機能

Amazonのレコメンド機能は、お客様の購入履歴や閲覧履歴、レビューなどの情報をもとに、お客様に合った商品やサービスを提案する機能です。

レコメンド機能は、お客様のニーズや嗜好を分析し、最適な商品を見つけやすくすることで、お客様のショッピング体験を向上させることを目的としています。

Amazonのレコメンド機能により、Amazonのホームページや商品ページ、カートページだけではなく、メールやアプリなどでも顧客に有益な情報を知らせることができます。

このように、レコメンド機能を利用することで、顧客が自分の興味に合った新しい商品やお得な情報を発見できるだけでなく、購入決定をスムーズに行うことが可能です。

Netflixのオリジナルコンテンツ

Netflixのオリジナルコンテンツは、映画やドラマ、アニメなどのジャンルを幅広くカバーしています。

Netflixは、世界中のクリエイターやタレントと協力して、独自のストーリーやビジュアルを提供することに力を入れているのが特徴です。Netflixのオリジナルコンテンツは、視聴者の嗜好や関心に合わせて、パーソナライズされたおすすめを表示しています。

また、Netflixではオリジナルコンテンツの制作や配信において、高い品質と技術革新を追求しているのも特筆すべきポイントです。例えば、4KやHDRなどの高画質や、Dolby Atmosなどの高音質をサポートしています。

Netflixのオリジナルコンテンツは、エンターテイメント業界において、多くの賞や評価を受けており、オリジナルコンテンツを通じて視聴者に感動や驚き、楽しみや学びを提供し続けることを目指しています。

Starbucksのリワードプログラム

Starbucksのリワードプログラムは、コーヒー好きの方におすすめのサービスです。

このプログラムに参加すると、スターバックスでのお買い物やアプリの利用に応じてスターが貯まります。スターはドリンクやフードなどと交換できるだけでなく、会員限定の特典やイベントにも参加できます。

スターバックスのリワードプログラムは、以下の3つのレベルに分かれているのが特徴です。

グリーンレベルは、登録後1年以内に5個以上のスターを獲得した方が対象です。グリーンレベルでは、無料でドリンクのカスタマイズができたり、誕生月にドリンク1杯が無料になったりします。

ゴールドレベルは、登録後1年以内に100個以上のスターを獲得した方が対象です。ゴールドレベルでは、グリーンレベルの特典に加えて、12個のスターでドリンクやフード1品と交換できたり、ゴールドカードを発行してもらえたりします。

さらに、プラチナレベルは登録後1年以内に300個以上のスターを獲得した方が対象となり、ゴールドレベルの特典に加えて、24個のスターでドリンクやフード2品と交換できたり、プラチナカードを発行してもらえたりします。そしてプラチナレベルの会員には、スターバックスの新商品やキャンペーンなどに優先的に参加できる権利が付与されるのも大きなポイントです。

このように、Starbucksのリワードプログラムは、コーヒーをもっと楽しくお得にするサービスとして人気のサービスとなっています。

パーソナライズのまとめ

このように、パーソナライズとは、個人のニーズや好みに合わせてコンテンツやサービスを提供することを目的とした戦略です。
パーソナライズのメリットとしては、顧客満足度の向上、コンバージョン率の向上、ブランドロイヤルティの強化などが挙げられます。
このパーソナライズを実現するためには、顧客のデータを収集・分析し、セグメント化やタグ付けを行い、適切なコンテンツやオファーを配信する仕組み作りが必要です。

パーソナライズは、今後のマーケティング活動の重要な要素として注目されています。そこでこの記事を参考にして、ぜひ自社のマーケティング活動を成功させてください。

Interviewz(インタビューズ)では、ヒアリング体験をDX化し、質の高い情報をスピーディーに収集、顧客・ユーザー理解を深め、サービスのあらゆるKPIの改善を可能にします。テキストタイピングを最小化した簡単かつわかりやすいUI/UXと、収集した声をノーコードで様々なシステムに連携し、ユーザーの声を様々なビジネスプロセスで活用することで、よりビジネスを加速させることが可能です。

Interviewz(インタビューズ)をご活用いただくことで以下のことが解決できます。

• 新規お問い合わせ、相談数の向上
• ヒアリングの内容の最適化から受注率の向上
• ヒアリングコスト(人件費・タイムコスト)の削減
• 既存顧客のお問い合わせのセルフ解決(サポートコストの削減)
• サービス/プロダクトのマーケティングリサーチ
• 既存顧客、従業員のエンゲージメント向上
• データ登録負荷の軽減
• サイトにおけるユーザーの行動情報のデータ蓄積

Interviewzをご利用いただいた多くのお客様で、ビジネスによけるあらゆるKPIの数値改善を可能にしています。

▼Interviewz(インタビューズ)の主な活用方法

• 総合ヒアリングツール
• チャットボット
• アンケートツール
• カスタマーサポートツール
• 社内FAQツール



Interviewzの機能一覧|総合的なヒアリング活動を網羅


Interviewzでは、下記のような総合的なヒアリング活動を支援する機能を揃えております。

以下では、まずはInterviewz(インタビューズ)を使って操作性や機能を確かめたい方向けに、無料でInterviewzをデモ体験いただくことが可能です。気になる方はぜひご体験ください。

ヒアリングDX・アンケートのデジタル化のご相談は下記より日程をご調整ください。

こちらの記事もオススメです