• TOP
  • ブログ
  • CVR改善策10選|コンバージョン率を上げる方法と対策を解説

blog
ブログ

CVR改善策10選|コンバージョン率を上げる方法と対策を解説

CVR

SHARE

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Pocket
  • LINE

目次

広告運用を行う上でコンバージョン数が思ったほど上がらないという経験がある方は多いはずです。

ユーザーアクセスはあるものの、サービスや商品が適していなければ購入などのコンバージョンには繋がりません。今回はコンバージョンが増えない原因や具体的な改善方法、改善に適しているツール選びなどをご紹介します。

CVR(コンバージョン率)とは?

CVRとは(コンバージョンレート)の略語でCV率とも呼ばれます。CVRはサイトにアクセスしてきた数のうち、何名のユーザーがコンバージョンに至ったかを示す数値になります。コンバージョンの定義は明確に決まっておらず運用側が自由に決められます。主には「資料請求」「無料登録」「購入」などが挙げられます。

CTRとの違い

CTR(インプレッション数)とは、ユーザーがクリックした回数の割合を指します。サイトへのアクセス数のうち、どれだけコンバージョンにつながったかの割合を示すCVRとは異なります。サイト管理者がクリック率の増加を求めている場合は、CVRとともにCTRの数値にも着目すると良いでしょう。

CVRとCTRは見た目が似ていますが、意味合いが異なるので、数値を調べる際には間違えないように注意しましょう。

CVRの計算方法

CVRの計算方法は以下になります。CVRの計算方法を理解すればサイトのコンバージョン数が適切かどうかの確認が可能になります

CVR=コンバージョン数÷アクセス数×100%

例えば1000人がサイトにアクセスしており10件のコンバージョンが発生した場合のCVRは1になります。業界ごとにCVRの指標が違うので、自社のCVRが適切かどうか確認が必要です。

10件(コンバージョン数)÷1000件(アクセス数)×100%=1%(CVR)

CVRが重要な理由

CVRは広告運用やサイト運用の成果を可視化できる指標です。コンバージョン数が多い場合でも、セッション数も比例して多くなり費用を消費していれば優れたサイトとは言えません。CVRの算出は広告運用の費用対効果を確認できるとともに、課題改善を行えばコンバージョン発生の効率化に期待ができます。広告運用を行う際はコンバージョン数ではなくCVRの数値で判断する必要があります。

対象 自社サイト Aページ Bページ Cページ
コンバージョン数 1,000 500 250 70
セッション数 30,000 17,000 7,000 1,000
CVR(コンバージョン率) 3.3% 2.9% 3.5% 7%

CVRの業界別平均

CVRは各業界によって目標数値が異なります。業界で少しの差はありますが、一般的にCVRは1%〜10%の範囲とされています。3%でも優秀な場合もあれば5%でも平均以下の業界もあります。各業界の平均CVRは以下になります。

業界別 CVR(コンバージョン率)
教育サービス系 0.98%
旅行系 0.51%
BtoB 0.80%
不動産業 0.80%
医療系 0.82%
IT系 0.86%
産業サービス 0.94%
消費者サービス 0.98%
金融系 1.19%
自動車 1.19%
人材派遣サービス 1.57%
法律系 1.84%
出会い系 3.34%

▲出典:Google Ads Benchmarks for YOUR Industry

CVR低下3つの原因

CVRが低くなると費用対効果の悪い広告運用になります。ではなぜ広告やサイトによってCVRが低下するのでしょうか。 CVR低下原因には多くのケースがありますが、今回は三つに絞ってご紹介します。

1.ユーザーニーズ

CVR低下の原因はコンテンツがユーザーニーズに合っていないことが挙げられます。ニーズが合っていないとサイトにアクセスされてもすぐに離脱します。サイト内のコンテンツ内容がニーズに合っていないと自然検索流入の数も減少する傾向になるので、結果的にCVRの低下に繋がります。コンバージョンのニーズに合わせたサイトを作ることでCVRの改善に期待ができます。

2.サイト構造

CVR低下の原因としてサイトの構造に問題がある場合があります。ユーザーはサービスの開始や資料請求などの訴求内容を行いたい時に、サイトの構造が複雑と認識すると離脱します。入力フォームや問い合わせボタンなども常に目に付く場所への表示が求められます。サイトの構造を検討する際はコンバージョンページまでのプロセスをなるべくシンプルにすることで、ユーザーはストレスなく使用ができます。結果的にサイト上の構造とコンバージョンまでの導線改善はCVRの向上に繋がります。

3.広告ターゲティング

CVR低下の原因として広告を運用する際のターゲットの見直しが必要です。広告に費用をかけて多くの配信をしていても、ターゲットのニーズに合っていない場合はアクセスされません。多くのWeb広告媒体はターゲットごとのCVRが表示されるので、CVRの低いターゲットの配信を止めることもあります。CVRの改善はニーズに合ったターゲットへ配信で改善が期待できます。

CVR改善方法10選

CVRはサイト内の構造や広告のデザインなどで低下する可能性があります。では具体的にどのようにすればCVRは改善されるのでしょうか。

1.ターゲットの最適化

CVRの改善方法としてターゲットの見直しが挙げられます。広告運用を実施する際ターゲットの選定を繰り返し行う必要があります。ターゲット設定を変更せず運用を行うとニーズに合わないターゲットにまで広告費用を費やしていることになり、コンバージョン数の増加に繋がりません。ニーズがあるターゲットへのアプローチを行うことでCVRの改善に期待ができます。

2.導線の設計の改善

CVRの改善方法としてコンバージョンページまでの導線の設計が挙げられます。コンバージョンページに到達するには下記の3段階で導線設計が必要です。

誘導導線が途中で途切れることやコンバージョンページまでの移動がスムーズでないとユーザーは離脱します。

現代のユーザーは選択肢を多く受けるとストレスになりやすい上、使いにくいサイトと認識します。コンバージョンページまでのスムーズな導線設計がCVRの改善に繋がります。

①ファーストビューで興味を引く
②サービスのメリットを記載する
③コンバージョンページまでスムーズに誘導
上記の導線を設計が実施されていない場合は、CVRが低くなる傾向があるため、注意した上で、設計を行いましょう。

3.LPの改善

CVRの改善方法としてしてLP(ランディングページ)の最適化が挙げられます。LPはユーザーがコンバージョンを発生させるページであり、最終検討するページでもあります。

インターネットの購入や申し込みは自身で判断する時間が多くあるため、ユーザーが躊躇するケースが多いです。コンバージョンページまで到達したものの、検討して結局忘れてしまうこともあります。ページデザインやテキストの配置など、コンバージョンに繋がりやすいページのデザイン変更によってCVRの向上に期待ができます。LPの改善は一度実施すれば終わりではなく、常にCVRが高くなるように最適化が求められます。

4.購入手順の改善

CVRの改善方法として購入手順をスムーズにすることが挙げられます。ユーザーがサイトにアクセスしてきても購入までの手順が多いとユーザーは判断するので購買意欲は低下して離脱に繋がります。CVRの改善はユーザーが購入するまでにストレスのない手順の用意が求められます。

5.EF(エントリーフォーム)の改善

CVRの改善方法としてエントリーフォームの改善が挙げられます。購入手順の改善と同様、個人情報の登録などフォーム入力の最適化が重要です。ユーザーは購入する際、早く手続きを済ませたいと思っています。多くの項目があればストレスになり、離脱に繋がります。入力補助機能などを搭載するだけでユーザーのストレスは軽減されるのでオススメです。

6.CVポイントの改善

CVRの改善方法としてコンバージョンが発生するポイントの改善が挙げられます。コンバージョンページまでのプロセスをスムーズに改善していても、ユーザーの目に止まらなければ意味はありません。

コンバージョンページに移動できるCTAを目の付く場所へ表示することが重要です。簡単入力や1分で終わるなどのテキストがあるとユーザーの心理的ハードルは一気に下がります。結果的にコンバージョンが発生しやすいサイトになることが期待できます。

7.CV内容の改善

CVRの改善方法としてコンバージョン内容の見直しが挙げられます。コンバージョンの定義は企業によって様々です。購入だけがコンバージョンではなく資料請求や無料登録などもあります。直接売上に繋がらないアクションでもコンバージョンに入れることでCVRの数値向上に期待ができます。

8.CTAの設置場所を増やす

CTAの設置箇所が少ないと、ユーザーが「どこで商品を買えるのかわからない」「どこをクリックすれば購入手続きに進めるの?」と、購入や申し込み手続きを諦めて離脱する恐れがあります。ちなみにCTAとは、管理者が希望する行動へ誘導することを指します。例えば、「購入手続きはこちら」「資料請求はこちらから」など、ユーザーを誘導するテキストやボタンもCTAの例の1つです。

また、CTAの設置場所は、コンテンツ冒頭や途中、終盤などに分散すると良いでしょう。特にコンテンツを読み終わった際には購入意欲が増加するユーザーも中に入るので、終盤への設置を優先的に行うのをおすすめします。すると、冒頭や中盤まで遡る必要がないので、ユーザーにとっても手間が省けます。

ただし、CTAの設置場所を増やすとはいえ、設置しすぎたり、間隔が密集しすぎると、ユーザーに「しつこい」と思われる恐れがあります。そのため、設置場所は3つ〜5つを上限にし、設置箇所を増やしたい場合はコンテンツ内容の量を増やして間隔を広く取るのをおすすめします。

9.離脱防止ツールを活用

CVRを改善するためには、少しでも離脱率を上がらないためのサイト作りが大切です。しかし、なかなか離脱率が改善できなかったり、離脱するユーザーが増え続けたりしている方もいるでしょう。その場合には、離脱防止ツールの活用をおすすめします。

離脱防止ツールを活用すると、ユーザーが離脱しそうな時にポップアップを表示できます。また、コンテンツ終盤に差し掛かったところで、次のページに促すポップアップの表示も可能です。ツールによって表示できるものが異なるので、自分に合ったポップアップが利用できるツールを探して利用してはいかがでしょうか。

おすすめする離脱防止ツールは、以下の通りです。

  • 賢瓦
  • Robee
  • Promolayer
  • KARTE
  • Repro

中には月額0円で始められるものや、サポート体制が充実したものもあります。

10.誤解を招く要素を除外

CVRを改善するためにコンテンツを見直す際には、誤解を招く要素がないかを確認しましょう。誤解を招く情報は、ユーザーにストレスを招く原因にもなってしまいます。

誤解を招く要素は、以下のものが挙げられます。

  • 過去情報
  • システムエラー
  • リンク切れ

例えば、過去に掲載したキャンペーンがすでに終了している場合、ユーザーの購入意欲が上がっても利用できません。ユーザーの期待値を上げておいて利用できないので、今後2度とサイトにアクセスしてくれない恐れもあります。

また、コンテンツ内に表示されているリンクをクリックしても、システムエラーやリンク切れでアクセスできないと、ユーザーの不満度が上がってしまうでしょう。CVRを改善する時だけではなく、ユーザーに誤解を招かないかを定期的に確認するのをおすすめします。

CVR改善のための分析方法3つ

1.種類別分析

CVR改善の分析方法にページを種類別に分析する方法があります。ユーザーは様々なニーズを持ってサイトにアクセスします。サイトの最終コンバージョンは購入ですが、興味関心があるだけのユーザーは購入まで至るケースが少ないです。各ユーザーに合わせてメルマガ登録や比較ページなどに飛ばすことを目的としたページの構築が必要になります。

サイト内でコンバージョン地点を変えて分析を行わないと、正確なCVRは算出できません。CVRが低くても問題ないページもあれば、CVRが高くなければいけないページもあります。ページによって目標CVRを決めることで正確な改善方法が見いだせます。

2.ポイントごとに分析

CVR改善の分析方法にコンバージョンポイントごとで分析を行う方法があります。一つのページ内に購入・資料請求・会員登録などの複数のコンバージョンが存在する場合はそれぞれのCVRの算出が必要です。

例えば、会員登録のCVRが低い場合はコンバージョンの仕切りを下げて簡易的にコンバージョンが発生するように項目を削減する他、CTAをトップページに記載するなどコンバージョンの種類によって課題が変わります。様々なCVRを設けることで課題の具体化が期待でき、結果的にCVR改善に繋がります。

3.属性ごとに分析

CVR改善の分析方法にユーザー属性ごとに分析する方法があります。30代女性をターゲットにして作成したサービスが10代女性に多く使われるなどのケースは多くあります。ユーザー層によってCVRが異なるため、どのユーザー層に向けてアクションを起こすべきなのか明確にする必要があります。プロモーションや期間限定割引きなど行う際、どのユーザーをターゲットに実施するかの指標になるので結果的にCVRの改善に繋がります。

CVR改善におすすめなツール3選

アクセス解析ツール

CVR改善にはアクセス解析ツールがオススメです。代表的なツールはGoogleアナリティクスです。

アクセス解析ツールはWebサイトのユーザー属性や環境、行動(アクセス数)など様々な種類の数値を無料で見ることができます。どのページで離脱しているのかやそのページの関心が高いかなどの分析が可能です。数値でWebサイトの問題点を可視化できるのでCVR改善に必要なツールになります。

A/Bテストツール

CVR改善ツールにはA/Bテストツールがオススメです。A/BテストはAタイプとBタイプの2パターンを同時に運用した後に、どちらのタイプの効果が高いかをテストするツールになります。

CVRの改善を行う際は過去よりも改善したか悪化したかと、どのぐらい改善したか悪化したかを把握する必要があります。A/Bテストは同時に同じ項目を比べることが可能なので、改善施策の検証と実施が素早く行えます。A/Bテストツールを導入することでCVR改善を効率的に行うことが可能となります。

自動返信ツール

CVR改善ツールには自動返信ツールがオススメです。チャットボットとも言われています。自動返信ツールはユーザーが問い合わせを行う際、自動的にやり取りが可能となるのでユーザーの信用度向上に繋がります。

サイト内の全てのページに自動返信ツールが設置可能なため、ユーザーは閲覧ページで不明点が合った場合すぐに求める情報にアクセスが可能になります。自動返信ツールからコンバージョンページへの誘導も可能になるのでCVRの改善に期待ができます。

CVR改善事例3選

CVRを改善する前に、実際に改善できた事例を参考にすると良いでしょう。

ここでは、CVRの改善事例を3つ紹介します。各サイトの問い合わせや購入フォーム、誘導の仕方などに着目しましょう。

株式会社いえらぶマーケティング

株式会社いえらぶマーケティングは、不動産業界の転職支援サービスを提供している企業です。他にも不動産業務をサポートするシステムも提供しており、導入実績は12,000社を超えています。

株式会社いえらぶマーケティングの目標は、会員登録者数の増加です。CVRの改善を行ってからは、会員登録者数が増えたという実績があります。ただ新規登録者数が増えただけではなく、過去に登録していたユーザーが再登録したケースも多く見られたようです。

サービス紹介ページの冒頭からは、最低5つの項目を入力するだけで資料をダウンロードできます。画面下部には、資料請求や問い合わせページに進めるボタンが現れ、コンテンツのどの位置でも申し込みが可能です。ユーザーにとっても、すぐに問い合わせ先を見つけられるので、ストレスフリーで閲覧できるでしょう。

ビズメイツ株式会社

ビズメイツ株式会社は、オンライン英会話レッスンサービスを提供している企業です。日本企業のグローバル化が進んでいる中で、英語を身につけようとするビジネスマンやビジネスウーマンが増えているので、需要が高まっていると捉えられます。

ビズメイツ株式会社の目標は、会員登録数の増加です。CVRを改善してからは、全体のCVRが117%、スマートフォンからのCVRが133%も改善された実績があります。主に入力フォームの改善を行ったようです。しかし、離脱率の改善はできていないという結果も出ています。

サイトのトップページには、サービスの詳細ページに進めるボタン、採用情報ページに進めるボタン、問い合わせページに進めるボタンなどが設置されています。1つのページにCTAが複数箇所に設置されており、本記事で紹介した対策が行われているともいえます。

株式会社フロムココロ

株式会社フロムココロは、化粧品やスキンケア用品、オーラルケア用品、サプリなどを販売している企業です。メルマガを配信しているので、サイト上だけでなく、有益な情報をメールで届けることで、サイトへのアクセス数を促せるでしょう。

株式会社フロムココロの目的は、CVRの改善です。CVRの改善対策を行ったからは、実際にCVRが150%改善された実績があります。もともと改善するための予算が少なかったので、チャットボットなどのツールを活用したようです。

サイトのトップページには、各ジャンルの商品ランキングTOPや、クーポン情報ページへ誘導するイメージなどを掲載しています。トップページ上部には、検索欄が設置されており、ユーザーが求めている商品をすぐに探し出すことが可能です。各商品をお気に入り登録できるので、何度もサイトに訪問する方もいるでしょう。

まとめ

CVRを上げるための改善方法を今回はご紹介しました。CVRの改善はサイトやページによって改善策が異なる場合が多く、課題に適した改善策の実施が求められます。CVRの改善には一つ一つの小さな改善が積み重なり、結果的に全体のコンバージョンに繋がります。CVRの改善方法に困っている方は是非本記事を参考にしてください。