• TOP
  • ブログ
  • 派遣スタッフの管理システムおすすめ11選|比較ポイントや導入メリットを徹底解説

blog
ブログ

派遣スタッフの管理システムおすすめ11選|比較ポイントや導入メリットを徹底解説

SHARE

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Pocket
  • LINE

目次

人材派遣業務では、業務を円滑に進める仕組みや管理体制が重要になります。

人材派遣におけるスタッフ管理は通常の従業員と違い、勤務時間や勤怠状況が異なっているため、管理体制が複雑化することが多いのではないでしょうか。

複雑化している派遣スタッフの管理を効率化するためには、管理システムの導入がおすすめです。

しかし、現在では多くの管理システムがあり、どのサービスを利用していいか迷う方がほとんどでしょう。

本記事では、派遣スタッフの管理システムの紹介や比較する際のポイントなどを解説します。

派遣スタッフの管理が複雑化する理由とは

https://www.photo-ac.com/main/detail/24593522

派遣スタッフの雇用には派遣元、派遣スタッフ、派遣先という三者が関係するため、労務管理のポイントを把握しておくことが大切です。

派遣スタッフを管理する項目は非常に多く、派遣会社によって管理方法が異なるため複雑化しています。

それでは複雑化しているのには、どのような理由があるのでしょうか。
以下で3つの理由について解説します。

理由1.勤怠状況がバラバラ

派遣スタッフの勤怠状況は、派遣先企業によって異なるため、タイムシートのデータ回収が非常に大変になります。

また、派遣先でトラブルがあった時に実態を確認しづらいことも派遣スタッフの管理が難しい理由の一つです。

理由2.確認する項目が多い

派遣スタッフを管理する主な項目は、契約の管理や勤怠の管理、業務指導の管理や健康、安全の管理、苦情やハラスメントの管理など多岐にわたります。

確認しなければならない派遣スタッフの数も非常に多く、人の手作業では状況管理しきれずミスが起こる可能性も高いです。

そのため、派遣スタッフの管理作業に時間がかかってしまい、本来の業務に集中できないという問題が発生することがあります。

理由3.給与システムが統一されていない

派遣スタッフは能力や依頼内容によって、給与のシステムが異なるため管理が難しくなります。

給与システムを統一すれば、管理コストの削減になりますが、派遣スタッフの不満に繋がるケースも考えられます。

前述の通り、派遣スタッフの能力によって給与に差異をつけることが重要であるため、給与システムを統一ができず、管理が複雑化します。

派遣スタッフを効率的に管理するにはシステム導入がおすすめ?

派遣スタッフ管理システムとは、人材派遣に伴う様々な情報を効率的にオンライン上で管理するシステムです。

派遣スタッフ管理システムでは、勤怠管理などの時間がかかる処理をスムーズに行えます。スタッフの情報や仕事の状況、スキルシートや給与に関する情報を簡単に管理することが可能です。

例えば、従来エクセルで作っていた管理表をシステムで自動化することによって、計算ミスを防ぐことで業務効率化を図ることができます。

派遣スタッフ管理システムは、様々な変化に対応することができるため、現在多くの企業が導入しています。

派遣スタッフ管理システム11選

https://www.photo-ac.com/main/detail/24236423

本記事では、数多い派遣スタッフ管理システムの中からおすすめのシステムを紹介します。

各システムの特徴や利便性を比較して導入を検討してみてください。

1.スタッフナビゲーター

スタッフナビゲーターはスタッフ管理や案件管理、契約書発行や給与計算などの基本機能を備えており、管理業務の効率化を促進します。

顧客情報の管理や共有によって対応の属人化も防ぐことができるため、システムを利用する社員が多い場合も安心して業務を遂行することができます。

使用スタイルによって料金は変わってくるので、目的にあったオプションを取り入れることがおすすめです。料金は498,000円からと高額です。

2.キャスティングナビ

キャスティングナビは、派遣スタッフごとに支払い形態や時給を設定できる他、短期から長期までの様々な期間に柔軟に対応することができます。

スタッフ検索をする際にも、作業可能日や業務実績、現場経験の有無などの多数の項目と組み合わせて検索できるため、派遣先企業の条件に対して素早くマッチした人材の抽出が行えます。

料金はプランごとに異なり、スタンドアロン版のシステム費用は998,000円と高額になるケースもあります。

3.jobs

jobsは派遣管理に必要な機能がワンパッケージで備わっているため、初めて導入する企業やスキル面が不安な人に最適です。

画面構成が使いやすく設定されているため、導入後に操作性に対する追加のコストがかかる心配もありません。

基本的な機能を備えているだけでなく、頻繁なアップデートで追加機能も加わる発展性の高いシステムです。

4.CROSS STAFF

CROSS STAFFはクラウド型の派遣スタッフ管理システムです。

スタッフの基本情報管理や就業記録の管理に加えて、各種派遣帳票の発行や台帳管理を行うことも可能です。

既存の基幹システムとの連携も可能なため、簡単にデータの引き継ぎが行え、業務効率化を図ることができます。

料金は月額400円からなので安価で利用できます。

5.オービックOA

オービックオフィスオートメーション(OA)は派遣業、請負業、紹介業、直接雇用に必要な管理機能を網羅的に搭載したサービスです。

導入したその日からスタッフの作業予約やキャスティング、勤怠入力、請求・給与計算の一連の業務がスムーズに管理できる画期的なシステムです。

料金は選定したシステムやオプションによって変わります。

6.STAFF ONE

STAFF ONEは直感的な操作やスマートフォンなどのWEBブラウザから派遣社員の勤怠管理ができ、自動で請求書作成も可能です。

また、管理する人数に合わせた価格設定になっているため、コストの無駄を省くことができます。

料金は初期費用が300,000円でライセンス費用は利用する人数によって月額料金が変わります。

7.クロスナビ

クロスナビは人材派遣業務に必要な機能が集約された労務管理システムです。

人材紹介と労務管理を一つのシステムに集約することで、業務効率を上げることができ、必要なシステムを追加するごとに課金形式の料金体系になっているため、コスト面でも合理的なシステムになっています。

8.Matchin good

Matchin Goodは求人企業と応募者の情報を一元管理し、最適なマッチングを実現するシステムです。

システムに不慣れでも簡単に操作ができ、帳票や画面表示を柔軟にカスタマイズが可能なため自社のニーズに合わせて使いやすいように組み替えることができます。

電話やチャットでのサポートが充実しているため、使い方に困った場合も心配いりません。

料金は、初期費用は無料で月額料金は一ユーザー当たり7,500円からと導入しやすい金額になっています。

9.DigiSheet

DigiSheetは人材派遣業に特化した勤怠業務効率化サービスです。クラウド型のためインストールは不要で、ブラウザさえあればすぐに利用可能です。

パソコンだけでなくスマートフォンからも利用可能なため、勤務データをリアルタイムに可視化でき、労務管理をスムーズに行うことができます。

料金は月額1万円からと、導入しやすい金額です。

10.e-naviタイムシート

e-naviタイムシートはスマートフォンからの勤怠入力や派遣先の担当者からのWEB承認が可能なシステムです。派遣スタッフへのタイムシートの配布や回収が不要となり、派遣スタッフの勤怠をリアルタイムで把握することができます。

情報入力も簡単に行えるため、派遣スタッフやスキルがない人でも簡単に利用することができます。
料金は初期費用はなしで、月額250円からです。オプションを付けることによって追加料金がかかります。

11.e-staffing

e-staffingは業界シェア国内最大級の人材派遣管理システムで、複数の派遣会社とのやり取りを一元化することができます。

法改正や労働局指摘事項を即座に反映する運営体制なので、派遣コンプライアンスに遵守した運営をしたい企業におすすめです。また、法定帳票の電子化によってペーパーレスにも繋がります。

導入費は無料で、一契約ごとに1000円から費用がかかります。

派遣スタッフ管理システムの比較ポイント3つ

派遣スタッフ管理システムは製品ごとに機能や特徴、コストが異なります。

システムを導入する目的や、使用用途に合った機能が備わっているものを選ぶようにしましょう。

ポイント1.システムの使いやすさ

派遣スタッフ管理システムを導入するにあたって、誰でもすぐに使える操作性が備わっていることが大切です。

長年手作業管理に慣れている社員は急なシステムの導入に対して、システムの操作性によっては扱えない場合があります。

システムの操作が難しいと、利用する社員の教育に追加のコストや時間がかかってしまいます。複雑な操作のシステムはかえって業務効率を低下させる可能性があるため、現場の声や能力を踏まえて、どの種類のシステムを導入するか検討しましょう。

ポイント2.導入までの負担の大きさ

派遣スタッフ管理システムにはクラウド型とオンプレミス型があります。

クラウド型はライセンス契約の後、すぐにインターネット経由でシステムを利用することが可能です。

初期費用がかからない代わりに月額などの定額制で利用料金を支払う仕組みになりますが、申し込んでからすぐに利用できるため利便性に優れています。

オンプレミス型は初期費用がかかるためある程度の予算を確保した上で導入しましょう。システムを構築するのに時間がかかりますが、柔軟なカスタマイズによってオリジナルのシステムを組むことができます。

クラウド型とオンプレミス型の導入の際の負担や長期的な運営を考慮した上で、検討しましょう。

ポイント3.費用対効果が適切か判断する

派遣スタッフ管理システムには基本機能のみ備わったシンプルなものから高機能なものまであります。

機能の多さに比例してコストも高くなるため、本当に必要な機能を備えているシステムを選定するようにしましょう。

高機能のシステムを導入した際も利用しない機能が複数あると、無駄なコストがかかってしまいます。逆にシステムの節約をしすぎると、パフォーマンス不足で十分な効果が得られない可能性があります。

予め必要な機能を洗い出しておき、一番目的にあったシステムを選びましょう。

派遣スタッフ管理システム導入のメリット

https://www.photo-ac.com/main/detail/24109094

派遣スタッフ管理システムを導入することによって、様々なメリットが得られます。

導入するシステムによって機能や特徴に多少の違いは生じますが、どのシステムにも共通して得られるメリットを紹介します。

管理業務の効率化

派遣スタッフ管理システムの導入では、勤怠管理や給与計算、請求管理などの複雑な業務を自動化し、管理業務の効率化を図ることができます。

また、派遣スタッフ管理システムの多くは、オフィスツールやCSVファイルに連携することが可能なので、既存の勤怠データなどをシステムに取り込み記録の管理や集計がミスなく簡単に行うことができます。

請求金額の自動計算もできるので、締め日に合わせて請求書や作業明細が発行され、請求漏れを防止することも可能です。

業務内容の質向上

派遣スタッフ管理システムの導入は管理担当者の業務を限定できるため、遂行すべき業務の品質向上に繋がります。

派遣会社は膨大な人数の派遣スタッフを管理しているため、管理システムを利用しない場合、管理担当者の業務が圧迫されます。

無理な管理人数は業務内容がずさんになるリスクが高くなるため、企業全体にとってデメリットの要素が大きいです。

管理システムを導入し、担当者が行うべき業務の限定化を図ることで、通常業務の品質向上に期待できます。

管理システムを導入することで、限られた人数でも効率的に管理業務を行うことが可能になり、業務の質向上に期待ができます。

迅速な状況把握

派遣スタッフ管理システムによって、派遣スタッフの氏名や住所、連絡先などの基本情報に加えて、職務経歴やスキル、資格の検索が簡単にできます。

管理システムは派遣スタッフの情報を一目で把握できるため、必要な時に必要な情報を素早くインプット、アウトプットすることが可能です。

迅速な状況把握ができることによって、今後の問題点の発見にも繋がります。

まとめ|派遣スタッフ管理システムのおすすめ

派遣スタッフ管理システムを導入することによって、業務効率化やサービス品質の向上に繋がります。

システムによって備わっている機能や特徴、価格が大きく異なるため、派遣スタッフ管理システムの効果を最大限に発揮させるために、自社のニーズに一番合うシステムを選びましょう。

こちらの記事もオススメです